クロスローラ軸受の摩擦低減に関する研究

 一つの軸受で様々な方向の力を支える事が可能な軸受として,クロスローラ軸受があります.クロスローラ軸受は,下図の様にころが交互に配列された特殊な軸受で,高剛性で精度が高く,工作機械やロボットの関節部などに利用されています.実際に用いる時では,さらに高精度化を行うため予圧を与えた状態で運転される場合があります.その場合摩擦トルクが大きくなり,損失が大きくなってしまいます.昨今,省エネルギー化が叫ばれており,軸受の損失を小さくする事は,重要な課題と言えますが,クロスローラ軸受に関して行われた研究報告は少なく,摩擦トルクに関する研究報告はされていません.そこで本研究では,クロスローラ軸受の摩擦トルク低減を最終目標とし,研究を行っています.